ブログカテゴリ:スポーツ傷害



以前オスグッドやシーバー、シンスプリントを紹介しましたが、今回は「短腓骨筋腱付着部炎」について調べたので紹介します。

成長期に起こりやすいスポーツ傷害。 特にオーバーワークや、準備運動不足など、走ることにより疲労が蓄積して起こる傷害3種類を紹介。 オスグッド、シーバー、シンスプリント。

足首の外側の捻挫(内反捻挫)をしてしまった後、炎症が落ち着いてから行ってください。 あるいは、日ごろからトレーニングしていただいても結構です。

ジョギング・ランニング後の簡単セルフケア♪ 正しいセルフケアで、メンテナンスもばっちりに(*''▽'')②

ジョギング・ランニング後の簡単セルフケア♪ 正しいセルフケアで、メンテナンスもばっちりに(*''▽'')