ストレッチや体幹トレーニングのゴールは??②

ストレッチや体幹トレーニングのゴールは??

前回に引き続き、どの程度の柔らかさが理想的なのか?

そして、柔らかすぎる人は一体今後どうすればいいのか( *´艸`)をアドバイスしていきます。

 

前回、柔らかすぎる人も固すぎる人同様に、怪我をしやすい危険性があるとお伝えしましたが、そもそもの筋力が少ない方は収縮力が弱い分、まるで柔らかいかのようにストレッチが可能な方が多いです。

筋肉には、縮める力は働きますが、自らで伸ばす力は働かない。伸ばしていると感じているのは、伸びている筋肉に拮抗している筋肉が縮んでいるから、伸びていると感じるのですが、筋繊維が発達していなければ、その筋肉は細く、簡単に伸ばすことができます。

簡単に伸びるから、日常生活の中で普段から伸ばしやすく、知らない間にストレッチされていることが多く、知らない間に筋節が増え、筋肉が長くなり、柔らかすぎる身体になってしまうという可能性を秘めています。

そういった方は、体脂肪も多く、運動不足の方が多い傾向にあります。

 

柔らかすぎる体・筋力の弱い体・運動不足の体・筋肉のバランスの崩れた体・体脂肪の多い体

 

こういった方に必要なのが体幹トレーニング!!

 

走ったり、スポーツをしたりする前に。あるいは、それらと並行して体幹トレーニングをしていく必要があります。

そうすることで、相乗効果も得られると思います。

 

ゴールは、人それぞれではありますが、当ブログでは、

「日常生活で疲れにくく健康的に活動できる程度のレベル」

をゴールとしていきます。

 

あなたにとって、「あ、私に合ってるかも?!」と思われたなら、今後の記事も引き続きご覧になってください。

 

不定期ですが(笑)